施設の概要

施設名称 特別養護老人ホーム 恵光園
代表者 園長 鶴谷 幸三
所在地 〒035-0011
青森県むつ市大字奥内字竹立9番
電話番号 0175-26-2288
Fax 番号 0175-26-2289
事業の内容 介護老人福祉施設サービス
短期入所事業(ショートステイ)
在宅介護支援センター
居宅介護支援事業
通所介護事業(デイサービス)
利用定員

80名(全室個室/長期入居 70名、短期入居 10名)
デイサービス25名

運営方針

 当法人では平成28年度に施設整備計画の一環として、ユニット型特別養護老人ホームとしての増床新築計画を申請し、80床の増改築として補助金が、県と国より頂けることとなり所定の手続きを経て、平成29年4月より工事着工となり、平成30年3月末に完成に至っています。
 ハード面は整備されましたが、今後はソフト面の充実に投入していかなければなりません。
本法人としては初めて挑戦する事業であり、ユニットケアの研修に参加し、処遇の方向性を見いだしてきたところです。ユニットケアの理念である「暮らしの継続から自立した生活の支援と継続」をモットーとし、魅力ある施設づくり、人財の育成、組織風土づくり、リスク管理の充実、利用者サービスの質を高め、家族、地域のニーズに応えていくことを中心に進めていき、専門性の高い、人が羨むような福祉施設職員として、自信と誇りを持てる、人財育成を目指すことを念頭において進めていく所存です。
 社会福祉法人の制度改革に伴い新制度が昨年度よりスタートし、その役割の一つである「地域貢献」の内容が、無報酬で地域に喜ばれるものでなくてはならず、それに向けての実践が評価される年となり、当法人の今後の課題となっています。

処遇理念と本園の目標

処遇目標

 人権尊重を理念として、処遇にあたっては、「接遇」の中で日常の言葉遣い、プ ライパシーの保護に心掛け、特に契約に基づく公益事業ともなるため、施設の特性を生かし、ゆとりを持った処遇に心掛け、次の実践目標を展開する。

園での実践目標とその趣旨

処遇計画

実践目標
入居者様一人ひとりのニーズと意思を尊重し、可能性の実現と生活の質の 向上に努める。また常に誠意をもって質の高いサービスが提供できるよう、研修、研究に励み、専門性の向上に努めていく。

介護職員
施設理念の実践に向け、人材の定着、育成を重点に置き、業務にあたることとする。

相談員
施設理念の実践には職員の気持ちのゆとりと入居者様への効率的な支援が重要になる。そして理念を現実化するためには多職種どうしのチームワークが必要不可欠である。
チームワークが高まり、職員一人ひとりが力を発揮できるよう、以下に重点を置き業務にあたることとする。

看護師
嘱託医1名体制に加え、むつ総合病院、歯科医師を協力医とし、医療の充実を図る。

管理栄養士
栄養マネジメントを行い、入居者様に適切な栄養ケアを効率的に実施する。

諸行事
誕生会や年中行事、その他の行事に関しては、これまでのものにとらわれず、各ユニットが自由な発想で企画実施していく。
考案した職員が担当者となり、主体的に実施していくこととする。

苦情処理
苦情処理は利用者、家族の施設に対する信頼を確保する為、また利用者の権利として、適切な施設サービスを利用できるように、苦情に対し苦情第三者委員に助言や意見を求め解決に努める。苦情解決にあたり、サービスの質の向上、職員の資質の向上につなげる。

危機管理体制の整備
危機管理マニュアルを介護の現場で活用し介護事故防止に努める。又、事故発生時は原因究明会議を設け事故報告し、発生原因と結果をまとめ防止策を周知徹底する。また自治体への報告を速やかに行う。
施設職員は事故発生予防対策について施設内外研修等により基礎的内容及び適切な知識を習得し事故予防に努める。

組織図

PAGE TOP